オリンパス社のミラーレス・デジタルカメラ OM-D E-M5

オリンパスと言えば,経営陣の騒ぎで,ブランドイメージ,今やガタガタと思いきや,少なくともカメラ部門は,そんな超逆風ものともせず,よく頑張っていることがわかりました。この機種(OM-D E-M5),見た目は通常の一眼レフのようですが,実はミラーレスで,ミラーやプリズムは内蔵されていません。マイクロフォーサーズという規格です。昨日,秋葉原ヨドバシカメラで実物を触ってきました。本来の展示コーナーには,モックアップしかない。残念と思って,店員さんに,実物はないんですか?と聞いてみたら,お客さんラッキーです,今なら店員教育用のデモ機が一台来ていますので,お見せしますね,と言って持ってきてくれました。

スペックはネットで調べて大体知っていたのですが,実物を触ってみたかった。とても完成度の高いミラーレスと思いました。大きさもちょうどよく手になじむ。オートフォーカスが高速。同時発売のレンズは,24-100ミリ(35ミリ判換算)で,ズームが手動と電動の両方をサポート,さらにマクロ機能付き。そしてさらに本体とこのレンズ,防塵,防滴で,雨の中で撮影しても大丈夫だそうです。ミラーレスカメラの第1期完成形というか,今後のミラーレスのレファレンスモデルという感じかも。

一点,残念だったのは,シャッターを切るときのショック感があること。強力な(おそらく最強級)手振れ防止機構が本体内蔵なので,画像がブレることはないと思いますけど。

とても売れているそうで,今予約を入れても入荷は5月だそうです。

印象的だった張り紙:「お気軽にご予約下さい。キャンセル料は不要です」。

デジカメも日本のIT関連製品の一つ。この機種に限りませんが,IT関連製品の中に,世界に誇れるモノがあることがとても嬉しい。