プロフェッショナル・コネクター 勝屋久さんの結婚披露宴

人と人をつなげるプロ,プロフェッショナル・コネクターの勝屋久さん。勝屋さんの結婚披露宴が4月8日,東京・八芳園で行われました。その様子を御紹介。勝屋さんとはIPAの「未踏」プロジェクトマネージャ仲間として数年間,一緒に仕事をさせて頂いて以来の仲。

会場に入る前に振る舞われたカクテル。春らしい色です。
2012-04-08 16-35-49 - バージョン 2

2012-04-08 16-39-12

座席表を見てびっくり,180名くらいの参加者。私が出席した披露宴の中でも最大級です。

2012-04-08 17-01-17

会場に入って,司会者の挨拶。そして,ご両人の登場は,サプライズ。シャッターが開き,満開の桜をバックに現れました。会場はやんやの喝采

2012-04-08 17-07-12

2012-04-08 17-07-23

二人が手にしているのは木槌。今回は福井の銘酒 梵(ぼん)が大きくフィーチャーされました。梵の御当主も列席。梵の樽酒を割ったところ。
2012-04-08 17-41-42

お色直しの後。
2012-04-08 18-52-07

料理と飲み物編

これが開宴直前の梵です。超吟と書いてあります。
2012-04-08 17-43-21

2012-04-08 18-10-00

裏のラベルに要冷蔵と書いてあります。発酵の進行を冷蔵によって止めているのかもしれません。
2012-04-08 18-09-29

味は透き通るような,癖の全くない甘さ。すーっと喉に入っていき,その後で口いっぱいに深い味わいが残ります。私が思い付いたキャッチフレーズは「ずっと飲んでいたいお酒」。
2012-04-08 17-44-04

ご両人の入場の後,一旦,シャッターは閉められまたが,乾杯後,また開きました。お花見をしながら,披露宴という贅沢。
2012-04-08 17-51-47

2012-04-08 18-27-52

2012-04-08 18-17-21

2012-04-08 18-41-56

2012-04-08 18-55-14

2012-04-08 19-16-21

2012-04-08 19-21-13

終わった後で気付きましたが,この披露宴は長い。午後4時開宴で,終わったのは8時頃。夜が更けると,外の景色は夜桜になります。
2012-04-08 19-46-47

驚きだったのは,挨拶や,余興演者が,この人達,プロじゃない?と思わせるようなトーク。どこかの芸能プロダクションから呼んできたんですか?のような。最後の出し物は,歌と音楽と映像に合わせて,会場の180人全員が踊りながら,タオルをぐるぐる頭上に回し,上に投げてキャッチ。これを何度も繰り返す。
2012-04-08 19-39-13

帰り際に,東京文化ってすごいですねと友人に話しかけると,いや,勝屋さん文化でしょうという返事で,納得。勝屋さんは,私と同学年の50歳。大いに刺激を受けた披露宴でした。

2012-04-08 19-46-22

2012-04-08 19-53-57

False negativeとなった「北朝鮮ミサイル発射」

北朝鮮ミサイル、空白の40分 危機管理の危うさ露呈  :日本経済新聞

自公政権時代の2009年に誤発表をしてしまったので,今回はそれがないようにダブルチェックするというワークフローにした結果,第一報が40分遅れたという話。

ITの世界では,セキュリティのためにwarningを出したり,パターン認識をするシステムを作るとき,false positive, false negativeという概念がある。前者は,誤って警報を出してしまうこと(検出したと思ったがはずれ),後者は警報を出すべきなのに出せないこと(つまり検出失敗)。今回は,false positiveを恐れ,false negative的になってしまったということ。

この国はおそらく,false positiveもfalse negativeも,いずれも許さないという文化を持っている。ミスを許さないという文化。ミスは恥という文化。ITの世界では,自動検出やパターン認識では100%はあり得ず,false positive/negativeとどう付き合うかが当たり前のことになっている。その付き合い方がシステム作りの一部となっている。両方を同時に減らすことは難しいこともよく知られている。

今回はおそらく,false negativeを避け,false positiveが出てもやむを得ないとい戦略をとるべきであった。

隣国で,ミサイルが発射されても,40分間は国民に知らされない国。辺境の島国で,隣国と言ってもかなり遠いから,これまで危機を免れて来られて,そして,危機に対応する体制が未発達なのだろうね。

政府担当の皆さんには,失敗からこそ学ぶことができると前向きに考えて,危機管理を頑張ってもらいたいね。

間違えても責めない文化を作らねば「想定外」の問題には克服できない(北朝鮮ミサイル問題)

「レーダーからすぐに消え,確認に時間」(毎日放送
http://www.mbs.jp/news/jnn_5003732_zen.shtml

仮に不確定な情報だったとして,それを国民に知らせて国民に不利益を被らせる可能性と,知らせないで不利益を被らせる可能性,どちらが高いか? 誤報だった場合に,批判されることを恐れたのではないか。つまりfalse positiveを恐れた結果,false negativeになってしまった。前回,そういうことがあったようだから,「注意深く」なっていた。SPEEDIがスピーディでなかったのと同じ問題の構造のような気がする。全国瞬時警報システム(J-ALERT)は瞬時でなかった。米国から情報が入れば,確認中ということを添えて,その情報を国民に公開すれば良かった。

究極的に言えば,国民を守るか,自分達を守るか,か。間違えても責めない文化を作らねば,「想定外」の問題には克服できない。Think realするには,想定外は当たり前と思わねばならない。

この国の形を思い浮かべよう。「閉じた図形」の島国だ。ほぼ均一的文化だ。だからうっかりと世界がクローズであるような,幻想を抱く。すべて「想定内」にしようとする。しかし,世界は繋がっていて,現実にはオープンだ。どんな自然災害が起こるかわからないように,国際情勢も何が起こるか分からない。

筑波大の桜,追越・平砂地区の見事な桜並木

筑波大の追越・平砂地区は学生宿舎地区。そこに見事なまでの桜並木があります。例年,入学式,新学期開始のころに桜が咲き,地元から戻ってきた学生達の花見大会が連日連夜,開かれます。学生の皆さん,昼間から場所取りで大変。夜はかなり寒いけど,若さで頑張っています。

2012-04-10 11-04-01

2012-04-10 11-06-26

2012-04-10 11-11-46

2012-04-10 11-12-32

2012-04-10 11-00-24

2012-04-10 10-58-00